和歌山県和歌山市、岩出市、紀の川市の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)岩出中央・和歌山ステーション

岩出中央・和歌山ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日曜日【電話番号】0120-035-533

岩出中央・和歌山ステーション

レビー小体型認知症について
2018年03月22日

■繰り返される具体的な幻視が特徴の認知症
全認知症のうち20%の割合を占める。大脳皮質の神経細胞にレビー小体と呼ばれる異常なたんぱく質が出現し、症状を呈す。症状としては、記憶障害は軽度でパーキンソン症状や幻覚が目立つ。レビー小体が出現する原因は不明。
発症は男性に比較的多く、緩やかに進行する。症状の日内、週、月単位の変動が大きく、とくに問題なく過ごせる日や時間帯も存在する。現在のところ根治の方法はなく、個々の症状に対して薬剤が投与されるが、薬に対する過敏性が高いのが本症の特徴でもあるため、慎重な処方が求められる。


症状
【パーキンソン病】 ●筋肉の固縮 ●振戦(安静時の手足の震え) ●姿勢反射障害(身体が倒れ始めると止まらない) ●不随意な身体のねじれや歪み(ジストニア) ●動作が緩慢になる ●歩行障害など【幻覚】●体感幻覚(身体の上を芋虫が這い回っているなどの幻覚)・幻視・幻聴など【自律神経症状】●便秘 ●倦怠感 ●起立性低血圧など【その他】●物忘れ ●妄想 ●抑うつ症状 ●レム睡眠障害

治療法
 薬物療法 パーキンソン症状、幻覚など個々の症状に対し行う漢方薬の抑肝散が有効な場合もある
 作業療法 折り紙などが認知機能の維持に有効とされる


!高齢者には、注意が必要です!
① パーキンソン症状で転びやすくなるため、けがに注意する
② 幻覚や妄想を頭ごなしに否定すると症状の悪化につながるため、感情的にならず受容的に対応する


日常生活での留意点
 幻視に対しては、否定的なことをせずに、照明を明るくする(現れにくい)などの配慮をします
 歩行訓練や軽い体操を取り入れるなど、規則正しい生活を心がけます
 気分や症状の変動が大きいため、症状が悪いときには、積極的にかかわらず、見守ります
 パーキンソン症状などにより、転倒の危険性が高いです
 レム睡眠行動障害も多いため、ベッドからの転落に注意し、安眠のための睡眠環境が大切です

医療保険適用 訪問医療マッサージ KEiROW 岩出中央・和歌山ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】日曜日 【電話番号】0120-035-533

【対応エリア】和歌山県和歌山市、岩出市、紀の川市

Copyright KEiROW 岩出中央・和歌山ステーション. All rights reserved.